ご予約・お問い合わせは
LINEまたはお電話で

0595-41-0178

LINE@

LINE

矯正治療について

矯正器具について

矯正治療に使用する装置には、たくさんの種類があります。お口の中の状態・ご本人の希望を考慮して最適な装置をご提案します。

口腔内に装着する装置

メタルブラケット

金属製のため、薄くて強度があり欠けたり変色することがありません。歯の動きもスムーズです。

ホワイトブラケット

プラスチック製の白い装置です。長時間使用すると、欠けたり変色することがあります。

セラミックブラケット

セラミック製の白い装置です。変色がなく、治療期間中審美性が持続します。金属製より厚みがあります。

ハーフリンガルブラケット

見えやすい上の装置は裏側に、下の装置は表側に装着する装置です。見えにくい矯正治療で使用します。

見えにくい矯正治療とは

リンガルブラケット

上下裏側につける審美性に優れた装置です。見えにくい矯正治療で使用します。

見えにくい矯正治療とは

リンガルアーチ

前歯の反対咬みや位置の悪い数本の歯を、裏側から針金のバネの力で治す装置です。他の装置と併用することも多いです。

トランスパラタルアーチ

上顎の左右の奥歯を針金で繋げた装置です。位置の悪い奥歯を治すときに使うこともあります。

クワドヘリックス

上顎を針金のバネの力で拡げる装置です。位置の悪い奥歯を治すときに使うこともあります。

取り外しができる装置

ヘッドギア

上顎の成長を抑制したり、上の奥歯を後ろへ移動するために使う装置です。大人の方の場合、歯を動かす際の固定源として使います。一日に就寝時を含め10時間〜12時間使用します。

上顎前方牽引装置

上顎の成長を促進し、受け口を治すための装置です。口の中の装置との間にゴムをかけ、一日に就寝時を含め10時間〜12時間使用します。

拡大床

ネジを定期的に回して装着することで、顎を広げる装置です。部分的に位置の悪い歯を治すために使うこともあります。

マウスピース型カスタムメイド矯正治療装置

見えにくい透明タイプの装置で、1日20時間以上使用します。型取りをして、定期的に新しいマウスピースに交換します、部分的に他の固定装置と併用する場合や、適応とならない症例があります。